注文住宅で駐車場と庭づくり!後悔を少なくするためのポイントとは!


車をいつか買い替えるなら余裕を持った駐車スペースを

注文住宅を建設する時に、外構で多くの人が悩みがちになるのが駐車場です。駐車場にどの程度のスペースが必要なのかをよく考慮すれば、ストレスフリーで車の出し入れがしやすくなるでしょう。だいたいが、現在の車種や台数で駐車スペースを決めてしまいがちになりますが、現在乗車している車種ではスペースが十分足りていると思っても、将来的に車を買い替えた時に、駐車場のスペースが足りなければストレスになります。ストレスフリーな駐車場にするためには、車の長さに0.8mを足し、車幅に1.2mを足したスペースが最低でも必要と言われているのです。今は軽自動車に乗っていても、いつか大型車に乗るかもしれないなら、だいたい5.9m×2.68m程度のスペースが必要になります。

庭づくりは土地選びからスタート

庭付きの注文住宅にしたいなら、設計の段階から庭づくりをスタートするのは遅すぎるかもしれません。庭づくりは土地選びの時から意識して計画すると後悔が少なくなります。特に、駐車場も必要な場合、土地と道路の接し方によっては日当たりが良くない場所に庭をつくらなければならない可能性もあるでしょう。加えて、門やフェンスなどが必要ならある程度のスペースが必要になります。門やフェンスを、幅は意識しても奥行きを意識しないで設置しようとすると、思いがけず狭い庭になってしまうかもしれません。門の開閉やフェンスを支える塀などを考慮すれば、設置にはある程度の奥行きが必要だと分かります。庭付き一戸建てを建てたいなら、土地の広さは勿論、土地の形状や、道路の場所に対して庭と建物をどう配置できるかなどを意識して土地選びをしましょう。

横浜の注文住宅を考える時、まずは希望する土地の最低基準を決めましょう。それから依頼する不動産会社を選定します。しかし会社の持っている情報はほぼ一緒です。話を冷静に聞いて精査しましょう。