注文住宅の間取りは重要!失敗しないために重要なこととは?


生活のしやすさに影響する間取りはとても重要

注文住宅では間取りを自由に決めることができますが、そのために間取りで失敗してしまい、生活しにくい家になってしまうということもあります。これから注文住宅で間取りを決めようという場合には、まず失敗の多いポイントを知って注意しておくことが必要です。

生活動線を考えた家づくり

移動しづらい家では快適に暮らせず後悔のもとになってしまうため、家の中の動線を考えることはとても重要なことです。動線は、家事をするとき、通勤するための朝の準備をするとき、水回りの配置から特に慎重に考える必要があります。家族全員の行動を考えて動線を考えることが大切で、家族が同じ場所に集まってしまっても快適に動けるようなシンプルな動線が良いものと言えます。また、来客があったときにプライベートな見せたくないものが見えない動線も考えておくといいでしょう。

収納は暮らしやすさに直結する

間取りを決めるときは収納についても考えておくことが必要です。必要な収納の量は家庭によって異なりますが、収納スペースが無くて困っているという人が多く見られます。また、家の荷物は住む年数が長くなるほど増えるため、余裕を持って考えることをおすすめします。ただ、収納は大きさだけでなく使いやすさも重要で、動線や出し入れのしやすさなども考慮した設計が大切です。

デザインだけでなく生活のことも考える

広いリビングや対面式キッチン、きれいなデザインの部屋はあこがれですが、理想だけを考えていると実生活に不便が生じます。冷暖房の効きや風通しがどうか、スイッチやコンセントは使いやすいか、採光やプライバシーを考えた窓の配置になっているかなど、考える部分は多くあります。大変ですが、今後長く暮らす家のことですから、快適な生活のためにしっかりと検討しましょう。

京都の注文住宅は、伝統的な町屋風のデザインや地元の木材など外観や内装にこだわって家造りをすることが可能です。