的確な収納を作るためにはまず動線を知ろう


動線と収納の関係を理解して図面を引く

注文住宅を作るときに成功させるコツは、住宅内の同線と収納を適切に作り上げることです。多くの人が住まいを作るときに、収納や銅線で失敗を重ねてきました。そのため、どんな部分に注意を払って注文住宅を作ったらいいのか、考えて作ることが必要です。

具体的なポイントとしては、収納と動線の関係をしっかり理解して間取りを考えましょう。第一に、動線と関係ない場所に作った収納は、あまり使われることがないため押し入れ代わりになることが多いです。比較的、不要なアイテムを収納するときに利用することが多くなります。

動線上で最適な場所に収納を作ることによって、収納・取り出ししやすくなります。日常生活で積極的に収納を活用するポイントを理解しておくことが、片付けしやすく快適に生活できる空間を作るポイントです。特にどこに何をしまうのかを的確に理解して作ることが大切となります。玄関には玄関で使用するものを、キッチンではキッチンで使用するものといった形で、部屋ごとに家族がどんなものを使うのか、理解して収納を作りましょう。場所によってはほかの収納場所よりも広めにとったほうがいい場所も存在しています。場所ごとの収納のポイントを理解しておくと、さらに利用しやすくなるでしょう。

使える空間と使えない空間を知る

洗面所やトイレなどの場合、収納部分の扉を鏡面にすることで、狭いスペースを有効活用できます。あるいはあえて見せる収納にすることで、どこに何が入っているのかが明確になるため、おしゃれに見せる形にしてもいいでしょう。特に子供部屋の場合、見せる収納にすることで子供が片付けやすくなります。子供の成長に応じて収納スペースに変化を与えると、さらに空間を上手に活用できるでしょう。ただし、最初のうちは親が一緒に片付ける習慣を身に着けさせてください。最初のうちはわからないため、一緒に片付けることで方法を自ら学び、子供一人でできるようになります。

意外に使いづらいといわれているのが、屋根裏部屋や倉庫、納戸です。動線に影響を及ぼさず快適に余剰空間を利用できるスペースですが、移動する方法によってはかえって邪魔になります。梯子を使って屋根裏や倉庫に行く場合、大きなものを上にあげづらいため、収納なのに収納の役をなさない可能性も大きいです。ウォークインクローゼットも、動線に直結していないと利用する機会が減り、単なる衣装用の納戸になります。動線に直結していることでウォークインクローゼットの役を果たすでしょう。そのため、上手に活用できないスペースはあえて作らないほうが家の中を快適に使えます。

千葉の注文住宅とは、東京から通勤・通学圏内の千葉県で自分や家族が望むように設計を依頼することができる住宅のことです。