賃貸オフィスを探している人必見!物件を安く借りるコツ


空室期間を確認して家賃交渉する

オフィスの賃貸料は大きなコスト負担となります。そのため、賃貸契約前の家賃交渉は大変重要となりますが、交渉を優位に進めるには物件がどの位の期間、空室になっていたかを確認しておく事が大切です。賃貸物件のオーナーにとっては、空いたままの物件は、単なるコストにすぎません。そのため、空室期間が長い物件は多少家賃を下げてでも入居してもらいたいと思っている人も多いのです。なかでも1年近く空いたままの物件であれば、大幅な値引きも期待できます。逆に、空室期間が短く、回転率の良いオフィスでは交渉にのってもらえない可能性が高いと言えます。そのため、事前に空室期間を確認しておくことが大事になるのです。

賃貸マンションをオフィスとして借りる手もある

更に事務所家賃を抑える方法として、賃貸マンションをオフィスとして活用する方法があります。賃貸オフィス物件より面積が狭いこともあり、大幅に家賃を抑えることができます。出張所などの小規模なオフィスや自営業の人で、この方法を活用しているパターンが多いです。注意点は、オーナーが事務所としての使用を認めている物件でなければいけないという事です。無断で事務所として活用すると、後々トラブルに発展する恐れがあるので、十分注意しましょう。また、セキュリティ面を不安視する人もいますが、その場合は、管理人常駐やオートロックの物件を選べば良いでしょう。これらの問題をクリアすれば、大幅にコストダウンできるので、小規模な賃貸オフィスを探している人は是非、この方法を検討してみて下さい。

都内の一等地に会社があると、信頼性も上がります。信用を得るなら港区で賃貸事務所をもってはいかがですか