注文住宅の資金計画はどうする?無理のない家作りをしよう!


優先順位は資金計画!

注文住宅を建てるとなると、内装や設備などのことを考えているだけでも楽しくなってきますが、お金のことも忘れてはいけません。せっかく建てたのに返済が滞ってしまって手放すことにならないよう、事前に資金計画を入念に立てた上でどんな家を建てるのか予算を決めていきましょう。普段の生活では使うような金額ではありませんので、多くのハウスメーカーや工務店等でも資金計画の相談やセミナーも随時開催されていますから、家が欲しいと思ったらまずは参加してみてお金について家族で考える機会を作ることをおすすめします。返済シミュレーションなども用意されていたら使ってみると分かりやすいので、悩んだらプロに相談して家作りの一歩を踏み出しましょう。

資金計画の進め方は?

資金計画の詳細な立て方はそれぞれで変わりますが、住宅本体だけではなく工事費用や諸費用なども含めて細かく内訳を出しましょう。頭金はなくても良いという金融機関も増えつつありますが、頭金が少しでも用意できれば今後の返済がかなり変わってくるので出来る限り住宅を持つと決めたら貯金をしておくと安心です。住宅ローンでどこまで借り入れができるのかは、これまでのローンの利用状況や年収等でも変わりますので、メーカーや金融機関と相談になります。住宅ローンはどこでも同じと言うわけではなく、金利や手数料なども変わってくるので、一社だけではなく複数で相談をしながら良いものを選びましょう。無理なく完済ができる資金計画を立てることが大切です。

定評のあるハウスメーカーに2000万の家の設計や施工を依頼する事ができます。希望に沿った間取りにできる場合もあります。