別荘を買うときや維持するときにかかる税金


別荘を買うときにかかる税金

別荘を買うときにかかるのは別荘の建物と土地だけではありません。税金もかかるため、どんな税金がどれくらいかかるのか確認をしてから購入したほうがいいでしょう。
一般的に不動産を購入するに当たり、かかる税金としては印紙税・消費税です。どんなものを購入したとしても消費税はかかりますし、印紙税は大きな金額ではないにしろ、不動産を購入する時にはかかるものと考えてください。
このほか不動産を手に入れたときにかかる税金は、不動産取得税や登録免許税でしょう。不動産取得税とは不動産を取得した事実に対してかかる税金のことです。登録免許税とは土地の購入・建物などの建築を行った時に必ず行う登記にかかる税金で、別荘の固定資産税評価額によって金額は変わります。

別荘を維持するときにかかる税金

別荘を維持するときにかかる税金としてあげられているのは、固定資産税と住民税です。固定資産税は不動産物件を持っている全ての人が支払うべき物で、毎年請求されます。請求される年の1月1日時点で土地・建物を所有する者が主に支払いますが、遺産相続などで遺族に引き渡されていない場合には、所有者は亡くなった人でも遺族が支払うことは珍しくありません。別荘の土地・建物それぞれの固定資産税評価額に市区町村それぞれの定めた税率をかけることによって、税金の額は決まります。
住民税は別荘に住民票を移していなくても、土地・家屋を所有してライフラインを使用している人ならば誰でも支払わなければならない税です。こちらも自治体それぞれの税率が定められているため、税率によって料金は異なるでしょう。

八ヶ岳は山地に囲まれた地域なので天候の変化が激しく、温度や湿度の影響で建物の劣化が進みやすい傾向があります。八ヶ岳の別荘を長く空ける場合は外壁や屋根、設備が傷まないように注意することが重要です。