どうやって作る?注文住宅と空間を十分に活用した収納


収納はどのようにして作る?

間取りも設計も、デザインも、自分自身で自由に作れることが注文住宅の最大の魅力です。注文住宅を作る際には、多くの人々が収納を多く作りたいという要望を持っています。せっかく思う通りの家を建てることができるのならば、生活していくうえで家の中をきれいに保ちたいと考える人が多く、そのためには機能的な収納が必要不可欠だからです。しかし、いくら収納が役立つからと言って、どのように収納を作ればよいのかいまいちわからないという人も多くいます。収納を作る際には、いくつかのコツがありますが、最も重要なことは動線に沿って収納を作るということです。

玄関から入ってきて、すぐに靴を収納する棚を設け、次いでウォークインクローゼットでコートをしまう。玄関から見える位置に土間収納を設けて、さらに奥に洗面所を設ければ、外出からスムーズに片づけをすることができます。このように、生活の動きに沿って収納を考えると無駄になりません。

作りすぎにも注意が必要な収納

収納は、あればあるだけ便利だと考える人もいますが、そのようなことはありません。収納は、あれば便利ではありますが、ありすぎて使っていない状態では、単なる空間の無駄使いになってしまいます。そのため、注文住宅で収納を作る際には、あらかじめどの程度の荷物を収納するのかを考えて作ることが必要です。所有する荷物は生活スタイルや家族構成によって大きく変わるので、将来を見据えて考えることも重要です。それらを踏まえたうえで、邪魔にならず、無駄にせず、かつ便利な収納は、壁面収納です。使わなければインテリアとして使うことができるので便利な収納と人気があります。

愛知の注文住宅は、そのクオリティの高さで人気を集めます。住む人に寄り添ったサービスに起因しているといえるでしょう。